佐橋亮研究室(国際政治学/東京大学東洋文化研究所)

Welcome, Ryo Sahashi official site 

 

Blog(Ryo's Blog) 

Twitter @ryo384_ir

取材申請は「お問い合わせ」まで

 

 

 

 

 

『米中対立』(中公新書2650)

 

 頂いた書評など

・国際安全保障 49巻4号/萩藤大明(名城大学助教)

・読売新聞 2021年12月26日/国分良成(前防衛大学校長)(2021年の三冊)

・毎日新聞 2021年11月27日(今週の本棚)

・公明新聞 2021年11月8日/西山隆行(成蹊大学教授)

・読売クオータリー 2021年秋号/石井論文での引用(2箇所)

ニュースピック 2021年10月29日/著者インタビュー

毎日新聞(朝刊)2021年10月28日/山本章子(琉球大学准教授)

・月刊日本 2021年11月号

・国際貿易 2021年10月25日号

ニッポンドットコム 2021年10月15日/野嶋剛(大東文化大学特任教授、ジャーナリスト)

・月刊公明 2021年11月号/著者寄稿

・潮 2021年11月号/著者インタビュー

テレ東BIZ 2021年10月5日/著者インタビュー(映像)

外交2021年9・10月号

・週刊東洋経済2021年10月2日号/河野龍太郎(BNPパリバ証券経済調査本部長)

日経ビジネス2021年9月27日号/三浦瑠麗(国際政治学者)

朝日新聞(朝刊)2021年9月18日/阿古智子(東京大学教授)

ハフポスト 2021年9月13日/著者インタビュー

中央公論 2021年10月号/著者寄稿

  同寄稿の評 読売新聞(朝刊)2021年9月30日

  同 上   読売新聞(朝刊)2021年12月16日(回顧2021)

・読売新聞(朝刊)2021年9月3日

・日経ヴェリタス2021年8月29日号/著者インタビュー

日本経済新聞(朝刊)2021年8月28日

 

多くの専門家、読書家の皆さまからも評や感想を寄せて頂いております(公開FBフィードやNoteなど。検索していくとご覧頂けます)。 

津上俊哉(津上工作室代表)

 

 

業績一覧は以下を参照ください。

https://www.ioc.u-tokyo.ac.jp/faculty/prof/sahashi.html

 

 最近の出版物

[編著書]

  1. 『バイデンのアメリカ その世界観と外交』東京大学出版会、2022年(鈴木一人と共編)
  2. 『冷戦後の東アジア秩序 秩序形成をめぐる各国の構想』勁草書房、2020年

 

[分担執筆]

  1. 「アメリカの対中国政策 ―関与・支援から競争・分離へ」宮本雄二・伊集院敦・日本経済研究センター編『技術覇権 米中激突の深層』日本経済新聞出版社、2020年。
  2. 「米中関係と危機:政治的意思による安定とその脆弱性」東大社研・保城広至編『国境を越える危機・外交と制度による対応―アジア太平洋と中東』東京大学出版会、2020年。

 

[査読雑誌] 

  1. “Japan’s Strategy amid US-China Confrontation,” China International Strategy Review, vol.2. no.2 (2020)
  2. (with E. Goh) “Worldviews on the United States, Alliances, and the Changing International Order,” Contemporary Politics, 46:5 (2020).  
  3. (with T. Satake) “Rise of China and Japan’s ‘vision’ for free and open Indo-Pacific,” Journal of Contemporary China, (2020).  

 

[研究機関紀要] 

  1. 「米中の覇権をめぐる対立と日本」『国際問題』688号
  2. 「冷戦後の国際秩序とアメリカ」『神奈川大学評論』93号

 

[その他]

  1. 「米中接近」「米中関係の展開」川島真・小嶋華津子編「よくわかる 現代中国」ミネルヴァ書房、2020年。
  2. 「アジアにおける米国の同盟」「東南アジアにおける米国の同盟」「豪米同盟」『現代地政学事典』丸善、2020年。
  3. 「解説」マクマスター、ピルズベリー、マブバニ、王『China and the West: 中国はリベラルな国際秩序に対する脅威か』楽工社、2020年

 

 

 

2009年12月23日 オフィシャルサイトを開設しました。